癒しを追及するカウンセラー・鈴木孝信の「心が強くなる心理学」

鈴木孝信が贈る、欧米の最先端心理療法に基づいた、読むだけで心が強くなる心理学情報ブログ

*

パニック発作を止める認知療法:ナッシュビル武者修行

      2015/11/19

28c82dbd1caf7c1da0ca10616fa4d7dd_s

いつものようにtwitterの流れをぼーっと見ていると、次のような記事につながるツイートを見つけました。文章は記事を翻訳したものです。

★★ ナッシュビル・テネシー州 2010年7月12日

心理臨床家であるボニー・レニハンは弱体化を促し慢性的な状態であるパニック障害に終止符を打つ新しい短期的な治療法を提供している。パニック障害の特徴はどこからともなく襲い掛かってくる様に思えるパニック発作が繰り返し起こること、また将来的なパニック発作に対する拭い去れない心配。

レニハンは認定を受けた臨床社会福祉士であり、経済学で博士号を修得している。ある日カウンセリングで意図せずパニック障害が治ってしまった出来事に出会うまで、パニック障害に対して特別な興味を持っていなかったが、クライアントが自分では全く気付かずにパニック発作の引き金を引いてており、その引き金となる思考パターンを発見した。より役に立つ思考パターンを学習することで、そのクライアントはパニック発作を引き起こすことがなくなり、そしてパニック発作に対して心配することがなくなったのだ。 これに興味をひかれ、レニハンはパニック発作を繰り返す次のクライアントで同じ過程で援助すると、同じ結果を得ることになった。 (中略)

この考えを元に、レニハンはパニック障害の原因と解決策に対する彼女の理解を反映させた「短期認知療法」を考案した。形式は、3セッションの構造化されたセッションで、対面かまたは電話を通じ行う。最後のセッション後3ヶ月、そして再び6ヶ月後にそれぞれのクライアントをチェックし、パニック障害が治癒(パニック発作なし、予期不安なし)しているか確かめる。 ★★

この記事を読んですぐ、ボニー・レニハンにこの方法を教えてもらいたい旨メールをしました。数日のうちにメールが届き、その内容を読んで急きょ、この方法を学ぶために渡米することになりました。必ずこのパニック障害の治療としての最高の治療法を日本に持ち帰って、そして広めて行きたい。そんな思いが僕を突き動かしてくれたのです。

 

 

 - 東京多摩ネット心理相談室 , , , ,